六華だより(公開前確認版)

2019年総会報告

第96号

六華同窓会幹事長
西尾 長幸(南29期)

 

 20191019日午後445分から、六華同窓会総会が札幌パークホテルにて開催されました。

例年通り、事務局次長佐々木和宏さん(南38期)の司会進行のもと、事務局長坂田剛一先生(南35期)の開会のことばに続き、物故会員への黙祷がささげられました。

六華同窓会小砂憲一会長(南15期)、東京六華同窓会松岡拓公雄会長(南21期)、4月に着任された廣田定憲学校長からごあいさつをいただいたあとは、小砂会長が議長席に着いて総会の議事に入りました。

 

1、2018年度事業報告・決算報告                   (幹事長西尾)

 事業に関しては例年と大きく変わっていませんが、幹事当番期による現役生徒向けの六華ゼミが大変好評で、授業の一環として学校に取り入れていただいております。

決算に関しては収入がほぼ予算通り、支出は減少で、台風被害による学校林義捐金200万円の拠出と、基金会計へ250万円の繰り入れを行うことができました。

 

2、監査報告                       (諏訪裕滋監事・南17期)

決算諸表に間違いはなく、会計は適切に処理されていることが諏訪監事から報告されました。

 

3、役員人事案                 (和田由美役員選考委員長・南18期)

 役員の改選期となっている本年は、会長職を小砂憲一さん(南15期)から大西雅之さん(南24期)にバトンタッチ。副会長は和田由美さん(南18期)が退任され、板垣昭彦さん(南25期)、窪田毅さん(南25期)のお二人が就任されました。退任された小砂憲一さんには顧問として、また和田由美さんには役員選考委員長として引き続き六華同窓会の重責を担っていただきます。

また、2018年度総会・懇親会の実行委員長を務められた中野貴英さん(南43期)が副幹事長に就任されました。

資料整備委員長には松野孝さん(南35期)、会員交流委員長には本間幹英さん(南39期)がそれぞれ就任されました。

学校の人事異動に伴い、廣田定徳学校長が名誉会長に、伊東文人教頭が名誉副会長に就任されました。また、坂田剛一教諭(南35期)が事務局長に就任されました。

 

4、2020年度事業計画案・予算案                   (幹事長西尾)

ほぼ例年通りの事業計画、予算ですが、2020年度は開校125周年に当たるため、事務局人件費を少し増額しました。諸行事に関しては、積立金の取り崩しを予定しております。

また、東西南北各高校同窓会交流ゴルフ大会が20207月に予定されているため、交流会費を少し増やしております。

 

5、開校125周年について           (村木宏彰125周年実行委員長・南32期)

2020年に迎える開校125周年諸行事の準備を進めております。学校、PTAとも連携を取り、華美にならない形で進めてゆきたいと考えております。このための寄付はつのらず、1200万円を上限として、同窓会積立金の取り崩して使用させていただきたいと思います。みなさまのご理解をお願い申し上げます。

 

以上の案件につき、満場一致でご承認をいただきました。

 

6、功労者表彰

小砂憲一会長、和田由美副会長に対し、新任の大西雅之会長から感謝状が贈られました。

また4月にご逝去された小野基顧問(中39期)のご遺族に対し、感謝状をお送りしたことが報告されました。

 

最後に次年度幹事当番南45期が小砂会長から指名され、坂田事務局長の閉会のことばで総会を終了いたしました。